家具に関すること寝室編

寝室のインテリアは、リビングなどと同じように考えてはいけません。ぐっすり眠れるように、色々と配慮する必要があります。とくに、色彩にはこだわった方がいいでしょう。色と言うのは、思っている以上に心理的に大きな影響を与えます。寝室のインテリアを赤色中心にしてしまうと、ぐっすり眠れなくなるでしょう。赤は興奮する色です。ブルー系が良いと言われていますが、壁や床だけではなく、家具にまで反映させなければいけません。天井や壁をブルー系にしても、家具が派手なら意味がなくなってしまいます。寝室内は安心感を与える色で統一するようにしましょう。また、寝室は狭くてもいいと考える人が多いですが、着替えたりする場所でもあるのですから、それなりの広さがないと窮屈でしょう。寝室内ではストレスなく過ごせると言うのが一番大事になってきます。

テレビを家具で隠したり、存在を目立たなくする方法

テレビは消えている時には黒い大画面がリビングのインテリアコーデには邪魔な存在です。海外のホテルや国内のリゾートホテルでよく利用されている方法に家具の中にテレビを隠してしまうという方法があります。クラッシックスタイルやカントリースタイルの場合にはテレビやコードを出す穴があれば本棚や食器棚などの中にテレビを収納する事ができるサイズを選ぶと隠す事が可能になります。隠さずに、それでも目立たない様にするには、色の効果を使う方法があります。テレビの黒さを利用して背景を黒板ペイントや壁紙に色で隠す方法で、他にも沢山額縁を使って囲んでしまってテレビをだまし絵の様に目立たなくするという方法があります。テレビを置くAVボードの選び方でもテレビをインテリアに馴染ませる事ができ、テレビの素材感に合わせてインテリアコーデをする方法があります。

寝室に置かれることが多い家具と言えば

寝室に置かれることが多い家具と言えば、やはり化粧台が挙げられるでしょう。とは言え、化粧台にも色々あります。バニティデスクやドレッサー、三面鏡などから選ばないといけません。デザインの良さだけで購入してしまう人がたくさんいますが、化粧台は実用的なものを選ぶのが基本になります。さらに、あまり派手なものは寝室に置くにはふさわしくありません。色には気をつけましょう。また、ナイトテーブルを置くこともよくあります。ナイトテーブルにはこまごましたものを置くことが多いので、できれば引き出しつきのものを選んだ方がいいでしょう、かなり重宝します。かつては、ホテルのように、ラジオや照明を組み込んだナイトテーブルを置く人もいました。贅沢な感じがすると言うことで好評を得ましたが、今では一般家庭ではほとんど見かけません。

全国各地のご注文およびご配送を承ります。 創業60年以上の実績と、工場直営の店舗展開です。 全店にてご相談を承れます。 定期的に、著名建築家の無料セミナー・作品展示会を行っており、お気軽にご参加いただけます。 家具レイアウト・整理収納相談等、各種セミナーを開催しておりますお気軽にお問合せください。 無垢の木で使い心地のよい家具